スタッフブログ&家づくりコラム

イベント情報やスタッフの日々の仕事の様子をはじめ、家づくりを現在ご検討中の方に向けたお役立ち情報を発信していきます。

468

【佐賀新築コラムVol.468】新築のリビング内階段について

一覧に戻る
2019.08.06
佐賀・鳥栖近郊で新築注文住宅、ZEH住宅、
平屋住宅をご検討中の
皆さんこんにちは。

さて、佐賀・鳥栖で新築注文住宅の間取りを考えた時に、
階段をどこに設けるかとうことも考えていくことになります。
 
最近佐賀でも耳にする機会が増えた「リビング内階段」ですが、
リビングに階段を作ることでどのような効果が得られるのか、
よくご存知の方はまだそれほど多くないのではないでしょうか。

本コラムでは、リビング内階段がどのようなもので、
どのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。



リビング内階段とは、佐賀・鳥栖近郊で建てる新築注文住宅の
リビングの中に上の階に上がるための階段が
設置された間取りのことを指します。
リビングを通らないと上の階に上がることができないため、
自然と家族と顔を合わせる機会が増えるのが利点とされています。
また、リビング内階段を作ると、
視覚効果で新築注文住宅のリビングが
広く見えると言われています。

リビング内階段を設置するご家庭が増えたのはここ十数年のことなので、
まだ馴染みのない方も多いとは思いますが、吹き抜けのリビングとの
相性がよいため、今後、佐賀・鳥栖近郊の新築注文住宅においても
増々リビング内階段を取り入られるご家庭が増えていくと
考えられています。

【メリット】
 
通常なら壁や扉で仕切られていた部分が、
リビング内階段にすることで
取り払われるため、部屋の広さは変わらないはずなのに
広く感じるという視覚効果を得ることができます。

また、リビングを通らないと上の階に上がることができないため、
お子様がいつ帰宅したかわからないというようなことを
避けることができます。
外出する際にもリビングを通らなければならないので、
今、家族の誰が家にいるのか把握しやすくなります。

ちょっとしたことですが、家族にとっては
住んでみてからとても大切なことになります。
階段がリビングにアクセントを与え、
おしゃれに見えるという効果も期待できます。
階段を覗き込むことで、
上下階のコミュニケーションが取れることも
魅力です。
 
「ごはんできたよー」

「はーい」

という感じですね。

特に、吹き抜けのリビングとの相性がよく、同時に採用することで
リビング全体を開放感のある空間にすることができます。


【デメリット】
 
デメリットは、プライバシーを保つことが難しいという点です。
上下階でコミュニケーションが取れるということは、
リビングの音が上の階にも聞こえるということの裏返しで、
一人で静かな空間を持ちたいという場合には
大きなネックとなるでしょう。

そして、リビング内階段のデメリットとしてよく挙げられるのが、
リビングが寒くなるということです。
暖かい空気は上へ昇っていく傾向があるため、
階段で上の階とつながっているリビング内階段は
寒くなりやすいようです。
しかし、最近は断熱性の優れた家が
増えたため、それほど心配する必要はないと言われています。
ただし、リビングと上の階が仕切りなしにつながっているため、
暖房によって暖める空間は広がっていますので、エアコンの位置を
工夫するなどして、効率よく部屋を暖める必要があります。


いかがでしたでしょうか、佐賀・鳥栖近郊の新築注文住宅でも多くの
お施主様が採用されているリビング内階段です。

ぜひ、実際のリビング内階段をご覧になってみたいというかたは
クレセントホームのモデルハウスをご見学ください!

モデルハウスご見学後のしつこい営業はいたしませんので、
お気軽にご来場ください

最新のモデルハウスはコチラから
→ http://www.crescent-home.com/modelhouse/
人気資料を限定で無料プレゼント!資料請求はこちらから WEBサイトからのご予約でプレゼント!モデルハウス見学 イベント来場・ご相談 来場予約はこちらから
相談する・学ぶ・集める。来店予約はこちら(※土日も平日も可能です) 価格やプランをもっと知りたい方。カタログ・資料請求はこちら

MENU

閉じる

家づくりのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号をタップで今すぐ発信