スタッフブログ&家づくりコラム

イベント情報やスタッフの日々の仕事の様子をはじめ、家づくりを現在ご検討中の方に向けたお役立ち情報を発信していきます。

100

【佐賀新築コラムVol.100】2年後には標準化!住宅の省エネルギー化について

一覧に戻る
2018.01.21

皆様が佐賀・鳥栖で注文住宅を建てるとき

様々な点を気にされると思います。

間取り、居住性、デザイン、耐震性、資金計画等あると思いますが、

そんな中

今回は、特に佐賀・鳥栖で新築住宅の

省エネルギーについてお話したいと思います。

 

日本では1973年の第一次オイルショック以来、最終エネルギー消費量が

産業分野では20%削減されている中、

家庭用では2倍と大幅に増加しているため

現在家庭用のエネルギー消費の削減が重要となっています。

家庭用のエネルギーの内訳を見ると暖冷房で全体の約28%、

給湯で28%となっており、

給湯と冷暖房で家庭での消費エネルギーの半分以上を占めています。

 

そんな中現在、新築住宅で注目をされているものがZEH住宅です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

①エネルギーを極力必要としない住宅(夏は涼しく、冬は暖かく)

高性能断熱材・高断熱窓の採用、日射遮蔽

②エネルギーを上手に使う(20%以上の削減)

高効率設備の採用

③エネルギーを創る

太陽光発電の設置等

①+②+③を行い年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下

になる住宅の事をいいます。

 

国の「エネルギー基本計画」では、

2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現

2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現

の目標をたて住宅業界で動いています。

  

今後、佐賀・鳥栖で新築住宅をお考えでZEHに興味を持たれた方は

是非一度クレセントホームにお問い合わせ下さい。

 

 

人気資料を限定で無料プレゼント!資料請求はこちらから WEBサイトからのご予約でプレゼント!モデルハウス見学 イベント来場・ご相談 来場予約はこちらから
相談する・学ぶ・集める。来店予約はこちら(※土日も平日も可能です) 価格やプランをもっと知りたい方。カタログ・資料請求はこちら

MENU

閉じる

家づくりのことは何でもお気軽にご相談ください 電話番号をタップで今すぐ発信